子どもの無茶ぶり。おとうさんスイッチを作ってみた。

子育てアイテム

ぽんず
ぽんず

こんにちは。
ぽんずです。

この記事は、とある日の我が家の日常を
残しておこうと思い記事にしたものです。

なんの利益もありませんが
少しでもクスっと笑ってもらえたら
嬉しい限りです(^^)/

スポンサーリンク

「おとうさんスイッチ」作ってみた

先日、雨でどこにも行けなかったので
息子と工作をしました。

作ったものは「おとうさんスイッチ
(最近息子がハマっていたので)

パパが帰ってきたら
おとうさんスイッチ発動させようと
息子と企んでいました(笑)

そもそも「おとうさんスイッチ」とは?

ご安心を、詳しくご紹介していきます。

おとうさんスイッチとは

「おとうさんスイッチ」をご存じですか?

おとうさんスイッチとは
『ピタゴラスイッチ』内のコーナーのひとつです。

子どもがおとうさんスイッチを持ち
文字のボタンをポチっとすると
お父さんがその文字から始まる
行動をするというもの。

こちらが作ったおとうさんスイッチ

本来は〈あ行〉ならば
あ、い、う、え、お」と文字を書くんですが
息子はまだひらがなが分かっていない為
50音表を開いて好きなものを選ばせました。

おとうさんスイッチのやり方は
(例えば上記の写真のものだと)

子:「おとうさんスイッチ、〈〉」
父:(〈〉から始まる行動をする)
  きゅうをする

子:「おとうさんスイッチ、〈〉」
父:(〉から始まる行動をする)
  でたてふせをする
  

こんな感じです。

テレビでは、お父さんと事前に
ちゃんと打ち合わせされています。

当然お父さんも何を言われ
何をやるのかわかっています。

が‼

我が家の場合は
勝手に作ってパパにも内緒の状態。

完全に無茶ぶりです(=゚ω゚)ノ

パパの対応力が試されます。

さてパパの反応は・・・・?

おとうさんスイッチ発動

いざパパ帰宅。「ただいま~」

パパの声を聴き
すぐさまおとうさんスイッチを手に持つ息子。

「おかえり」を言う前におとうさんスイッチ発動。

子:「おとうさんスイッチ、!」
パパ:「・・・んごを食べる」

私:(おお、瞬時に対応した‼ 
  スイッチに〈り〉ないけど!(笑))

子:「おとうさんスイッチ、!」
パパ:「‼⁉・・っ かの実験をする」

子:「おとうさんスイッチ、!」
パパ:「‼‼⁉・・んごの皮をむく」

子:「おとうさんスイッチ、!」
パパ:「・・・・…二盃口ドラドラ」

子:(‘Д’)????
私:(‘Д’)?????

まさかの一文字攻め!

〈り〉なんて書いてないのに‼

完全なる無茶ぶりでしたが
パパやりきりました!(笑)

パパがちゃんと乗ってくれたことで
息子も嬉しそうでした。

無茶ぶりは続く

次の日、またパパが帰宅すると
おとうさんスイッチ発動。

子:「おとうさんスイッチ、!」
パパ:「んごを食べる」

子:「おとうさんスイッチ、!」
パパ:「んごジュースを作る」

子:「おとうさんスイッチ、!」
パパ:「んごジュースを飲む」

子:「おとうさんスイッチ、!」
パパ:「二盃口ドラドラ」

子:「おとうさんスイッチ、!」
パパ:「‼⁉・・・二盃口ドラドラ!
    麻雀をする」

やたらリンゴが多かったような(笑)

息子の無茶ぶりに完全に対応しました。

実は今日もおとうさんスイッチが
発動されると踏んで
いろいろ考えておいたそう。

最後のはアリなのかは
わかりませんが・・・。

見事やり切ったパパに
拍手を送りたいと思います。

まとめ

おとうさんスイッチを作った時の話でした。

おとうさんスイッチは作り方簡単なので
家でのおうち遊びに作ってみるのは
いかがでしょうか?

もちろん、おかあさんスイッチ、おてつだいロボ
おじいちゃんスイッチなどでもOK!
(やり方は同じ)

ぽんず
ぽんず

おてつだいロボにして
子どもにお手伝いしてもらうのも
いいかもですね。

お家遊びを楽しんでください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

お家遊びにこちらもどうぞ。
子どもの成長記録としてもいいですよ。

お家でおもちゃ遊びは
こちらもおすすめ。
大人も夢中になっちゃいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました