【絵本おすすめ】親子で楽しめる!『ぼくのおふろ』

子育てアイテム
まる
まる

おふろのえほんよむー!

つなかん
つなかん

いいよ。この絵本お風呂がたくさん出てきて面白いよね。

ぽんず
ぽんず

大人に向けたネタもあって、思わずクスっと笑っちゃう。

アイテム探しで遊べるのも楽しいね。

スポンサーリンク

『ぼくのおふろ』あらすじ

毎日同じお風呂だから、違うお風呂に入りたいなあと「ぼく」は考えます。

そこからいろいろなお風呂を考えていきます。

お疲れママには「おてつだいぶろ」をプレゼント!

お風呂に入っているだけで、洗濯物を畳んでくれ

ご飯も作ってくれる夢のようなお風呂など。

お風呂の飛行機に乗っているとお風呂の栓が盗まれた。

「もじゃもじゃあたまのサングラス きっと あいつが はんにんだ」

もじゃもじゃあたまのサングラスを捕まえにいくぞ。

『ぼくのおふろ』のここがいい

『ぼくのおふろ』は単に読み聞かせするだけでなく

子どもとコミュニケーションをとりながら読むのもおすすめです。

『ぼくのおふろ』はたくさんのお風呂が出てきます。

どれもこれも楽しそうなお風呂ばかり♪

子どもと「どのお風呂がいいかな~?」

「他にはどんなお風呂がいいかな~?」と

話をしながら読むのもおすすめです。

まる
まる

まるは「にんじゃぶろ」がいい。

ママは?

また『ぼくのおふろ』はページの最初から最後まで楽しめる!

もじゃもじゃあたまのサングラスを探すのはもちろん

各ページに隠れているアイテムを探すこともできます。

ページによっては〇ォーリーみたいに細かく書かれているページも。

細かいですが丁寧に描かれているので

思わず隅々まで見たくなっちゃいます(私は見てます)

見ているだけでも楽しいです!

ぽんず
ぽんず

私的には、〇イタニックのポーズをしているのがいたり

ポスターの内容が面白かったりと、大人も楽しめるネタが盛り込まれていて面白いです。

対象年齢は4~5歳からになっていますが、3歳前の息子も楽しんでいますし

仕事で小学生に読み聞かせをした時も、子どもの反応は良かったです。

幼児から幅広く楽しめる絵本だと思います。

『ぼくのおふろ』作品情報

作・絵:鈴木のりたけ

発行:2010年7月2日

発行所:株式会社PHP研究所

〈鈴木のりたけ〉

1975年、静岡県浜松市生まれ。2006年に第27回読売国際漫画大賞入選。

他のシリーズに『ぼくのおふとん』『ぼくのトイレ』がある。

まとめ

おすすめの絵本をご紹介しました。

『ぼくのおふろ』は

・読み聞かせだけでなくアイテム探しでも遊べる

・大人も楽しめるネタが盛り込まれている

親子で楽しめる絵本だと思いますので、参考にしてみてください。

おむにまる - にほんブログ村
にほんブログ村に参加しています!
スポンサーリンク
子育てアイテム
スポンサーリンク
記事を書いたのは
ぽんず

千葉県在住
アラサー専業主婦です。
年少息子の育児中
毎日楽しくをモットーに
日々奮闘中です。

ぽんずをフォローする
おむにまる

コメント

タイトルとURLをコピーしました